鶏ちゃん合衆国とは

鶏ちゃん合衆国とは

岐阜県中央部に広がる郷土料理「鶏ちゃん」。手軽でおいしい庶民の食文化である鶏ちゃんの特徴は、地域によって、お店によって、味や食感がさまざまに異なることです。

こうした「多様性」を生かしながら「鶏ちゃん」を広く普及していくことができないだろうか。「鶏ちゃん合衆国」は、そんな問題意識から発想しました。

アメリカ合衆国は、ご存じのとおり、独立国家とも言えるような高度な自治権をもつ「州」の連合体です。しかも、「州」は国家主権を共有しています。これは岐阜県の鶏ちゃん文化とそっくりです。

鶏ちゃんは、鶏ちゃん専門店や食堂、鶏ちゃんメーカーなど、さまざまなところが手掛けています。そして、それぞれのお店、会社は、味に自信と誇りを持つ「州」にほかなりません。

その「州」が集まり、岐阜県の真ん中に「国」を建て、岐阜県の鶏ちゃんを広めていきたい。そんな思いを持った仲間が集まり、「鶏ちゃん合衆国」を建国することにしました。

「鶏ちゃん合衆国」が目指すのは、鶏ちゃんのおいしさ、文化を広め、多くの方々に味わっていただくことです。

私たちは、鶏ちゃんを「B級グルメ」とは呼びません。鶏ちゃんは、豊かな生活文化に裏打ちされた「郷土料理」です。そして、その誇るべき食文化である鶏ちゃんの普及を図り、鶏ちゃん文化を育んでいくことが、私たち「鶏ちゃん合衆国」の目的です。

 

「鶏ちゃん合衆国」は誰がやるの?

鶏ちゃん合衆国は、楽しく、面白おかしく、鶏ちゃん文化を楽しもうというのが基本。鶏ちゃんを愛する人たちが担い手です。

○地域の鶏ちゃんの担い手は「州」「自治区」です。

鶏ちゃんメーカー、鶏ちゃんを提供する飲食店、鶏ちゃん関連商品などのメーカーをいずれも「州」、鶏ちゃんの小売りを専門に行う事業者を「自治区」とします。代表の社長さん、店長さんは、「州知事」です。

○鶏ちゃんを愛する方々が「国民」です。

鶏ちゃんを愛する方、鶏ちゃん合衆国の活動に参加し、盛り上げてくださるサポーターの方々は「国民」として、様々な活動にご参加いただけます。会費は無料です。

○有志による政府(事務局)が運営します。

発起人をはじめとする有志メンバーが「政府」を組織し、イベントの企画や運営、情報発信などを行います。代表者を「大統領」とし、役員を「国務長官」、「交流長官」、「商務長官」、「職務長官」、「鶏済企画長官」、「鶏CIA長官」など多彩です。

○岐阜県知事が名誉大統領に就任しています。

鶏ちゃん合衆国の「顧問」として「名誉大統領」を委嘱します。初代名誉大統領には、古田肇岐阜県知事が就任してくださいました。

 

遊び心たっぷりに活動します

○国旗「鶏条旗」

鶏ちゃん合衆国の国旗は、「星条旗」ならぬ「鶏条旗」。日の丸をイメージし、日本の郷土料理であることを示しながら、アメリカ合衆国の国章をイメージし、思わず敬礼したくなるようなうやうやしいニワトリをデザインしました。ちなみに、英語表記は「United States of keichan」とし、略称は「USK」とします。

 

○国歌「鶏ちゃんの歌」

国歌「鶏ちゃんの歌」は、下呂のフォークグループ「Goo連帯(ぐーれんたい)」によって作られました。この曲は長尾伴文大統領が作詞、Goo連帯の二村文康さんの作曲により2011年秋に誕生しました。さらに2012年6月、飛騨神岡の「船津座」において「鶏ちゃん合衆国」用にバージョンアップ、再レコディーングされたもので、鶏ちゃん合衆国建国にあたり、国歌とすることが決まりました。「けいちゃんちゃんちゃん、また食ってちゃんちゃん・・」と一度聞くと耳について離れず、思わず口ずさんてしまう歌詞とメロディーです。CDとして販売(500円)しています。

ライブ演奏の動画はこちらからご覧ください。

歌詞はこちらからご覧ください。

 

○鶏ちゃん合衆国憲法

鶏ちゃん合衆国の理念と活動の考え方、組織などを、格調高くまとめあげた60条の条文からなる憲法です。

憲法全文はこちらからご覧になれます。

 

○国章

アメリカ合衆国には「国章」があるように、鶏ちゃん合衆国にも国章をつくりました。ニワトリをイメージしたかわいらしいアイコン。メンバー(州、自治区)は、商品やステッカー等に自由に使っていただけます。のぼりも2種類制作しています。


○人間国宝

鶏ちゃんの歴史文化の伝承活動の一環として、昭和30年代の鶏ちゃんの黎明期に鶏ちゃんの開発に携わり、以来一貫して鶏ちゃんの普及に努めてこられた方を「人間国宝」として認定する取り組みを行っています。

【人間国宝認定者】

戸谷道子さん(下呂市萩原「天狗」) ※平成25年7月認定
二村純次さん(下呂市馬瀬「うめもと食堂」) ※平成25年7月認定
日下部護さん(下呂市萩原「萩原チキンセンター」) ※平成26年7月認定

63_original

○国指定重要有鶏文化財「歴史的鶏ちゃん」

これも鶏ちゃんの歴史文化の伝承活動の一環。人間国宝が人に着目した表彰であるのに対し、創業以来約50年の歴史を持ち、以来、継続して鶏ちゃんの販売を続けているお店やメーカーを「歴史的鶏ちゃん」として認定するものです。第1回目の認定は平成26年7月に行いました。今後も定期的に調査・認定を行います。

【認定要件】
○鶏ちゃんの販売開始後、概ね50年を経過していること。
○販売開始から現在まで、一貫して鶏ちゃんの販売を続けていること。
○商品の販売等を通じ、鶏ちゃんのPRに努めるなど、鶏ちゃん文化の発展に寄与していること。

【これまでに認定されたお店・メーカー】
○まるはち食堂(下呂市御厩野)
○ミズホ食品(下呂市宮地)
○萩原チキンセンター(下呂市萩原町古関)
○天狗(下呂市萩原町萩原)
○村山チキンセンター(下呂市馬瀬中切)
○小瀬屋鶏肉店(下呂市馬瀬名丸)
○白草(加茂郡東白川村神土)

○外交

鶏ちゃん合衆国は岐阜県内外の様々な郷土料理との連携関係の樹立を目指しています。

平成25年12月16日に、長野県塩尻・松本地方の郷土料理で、タレに漬け込んだ鶏肉を油で揚げる「山賊焼」の振興団体である「山賊焼を考える会」との間で、「鶏ちゃんと信州山賊焼の和友好条約」を締結しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

「鶏ちゃん合衆国」はこんな活動を行います

 平成25年7月から平成26年7月までの活動実績はこちらをご覧ください!

<鶏ちゃん交流会=合衆国議会>

鶏ちゃん合衆国に加盟する様々な州の鶏ちゃんを、にぎやかに食べようというのが「議会」。合衆国が最も大切にしている取り組みです。

合衆国は「直接民主制」ですので、誰でも参加できます。少人数の鶏ちゃんを食べる会から、ビアガーデンなどを貸し切っての大規模な交流会、長良川鵜飼の観覧船を使っての交流会など、様々な形態で鶏ちゃんを楽しむ会を開催しています。

IMG_2180OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMG_5195110_original

<国立「羽ー鶏(はーばーど)大学」>

鶏ちゃん文化の研究、鶏ちゃんの教育を行う取り組みです。

【教育学部】
合衆国メンバーから教授陣を選び、鶏ちゃんの販売等に新たに取り組もうとする方々に鶏ちゃんの教育を行う専門講座を設けます。修了者には卒業証書が授与され、「州」としての参加資格が得られます。

【文化学部】
鶏ちゃん文化のある地域をバスや列車を仕立てて訪問し、鶏ちゃんについてのお話を聞いたりしたうえ、鶏ちゃんを食べ、観光し、最後には鶏ちゃんをお土産にもらって帰るという「鶏ちゃんツアー」を行うもの。このツアーに参加すると、自動的に「羽ー鶏大学」に入学資格を得ら れ、1回ツアーを修了すると「鶏ちゃん学士」が、2回で「鶏ちゃん修士」、 3回で「鶏ちゃん博士」が授与されます。

親子で参加する鶏ちゃん教室なども、大学の課程に位置づけて開催しています。

IMG_5345SONY DSC

<鶏ちゃん中央情報局(KCIA)>

県内外の鶏ちゃん専門店を食べ歩き、鶏ちゃん文化を調査し、歴史や成り立ち、味の違いなどを研究しようという活動です。合衆国の州、自治区、 国民から有志メンバーを募ります。KCIAに参加するメンバーはGメンならぬ「鶏事」と名乗って行動します。

SONY DSCIMG_2717

<スマートフォン用鶏ちゃん合衆国アプリの制作>

鶏ちゃん合衆国の加盟店などの情報が地図も含めて見ることができるほか、鶏ちゃん合衆国のイベント情報などもゲットできるiPhoneアプリを発表しています。

IMG_1859

<コンビニとのコラボ商品の発売>

大手コンビニと連携し、鶏ちゃん合衆国監修による鶏ちゃん関連商品を発売します。弁当には鶏ちゃん合衆国のステッカーが貼られ、鶏ちゃんを盛り上げます。これまでにファミリーマート、サークルKサンクス、ローソンで鶏ちゃん弁当や鶏ちゃん焼きそばなどの商品が開発・販売されています。

IMG_3555

 

鶏ちゃん合衆国閣僚

名誉大統領(顧問) 古田 肇 岐阜県知事

大 統 領   長尾 伴文 鶏ちゃんで笑え倶楽部主宰
(代表、合衆国運営全体の総責任者)

副大統領兼商務長官  日下部 讓 萩原チキンセンター州知事
(副代表、鶏ちゃん商品の流通指導)

副大統領兼交流長官   酒井  稔 ㈱酒井設計事務所代表取締役
(副代表、国民大交流会、議会の企画・運営)

国 務 長 官   都竹 淳也 岐阜県職員
(事務局長、合衆国運営全体の企画・実施及び会計)

食 務 長 官   斉藤 順子 杉の子州知事
(弁当等の監修及び新規参入者へのアドバイス)

鶏CIA長官  山本慎一郎 山本佐太郎商店代表
(県内各地の鶏ちゃんの訪問調査)

鶏済開発長官  石神 康睦 麺屋白神州知事
(鶏ちゃん関連商品の開発・普及)

下呂特別区長官  村山 弘明 村山チキンセンター州知事
(下呂地域における鶏ちゃんの普及活動)

郡上特別区長官 井林 俊行 牧歌の里州知事
(郡上地域における鶏ちゃんの普及活動)

企画広報長官  上村 大輔 郡上鶏ちゃんチキン野郎州知事
(合衆国PR資材、イベント資材等の企画開発・制作)

意 匠 長 官  秋場 紀 ㈱イシュー アートディレクター
(国旗、国章、ロゴ等のデザイン・管理)

鶏営監理長官  脇本 茂樹 丸昌醸造場州知事
(合衆国会計の監事及び全体のアドバイス)

報 道 長 官   野口 晃一郎 フリーライター、アナウンサー
(鶏ちゃん合衆国のメディア向けPR・記録全般)

鶏済研究長官  本田 昇司 中国料理しょうりゅう州知事
(鶏ちゃんを用いた新たな商品の研究)

文化鶏蒙長官  戸谷 吉之 天狗州知事
(鶏ちゃんの歴史と文化の啓蒙・普及)

国民鶏発長官  上村 孝成  ㈱アド・プロ代表取締役
(国民向け鶏ちゃん普及メディアの発行管理)

外 務 長 官   浅野 豊 グーテライゼ州知事
(イベント出展及びその調整、管理)

流 通 長 官  宮川 真一 岐阜・中津川ちこり村州知事
(鶏ちゃんパック商品の消費者向け流通促進)

鶏ちゃん合衆国政府高官

大統領補佐官  伊藤 栄一 NPO法人 森のなりわい研究所代表理事

国 務 次 官   中島 守  岐阜県職員
(合衆国運営全体の企画等補佐)

国務次官補   堀場 敦子  岐阜県職員
(合衆国運営の企画等補佐)

交 流 次 官   小牧 美貴子  岐阜県庁デザイン専門職
(交流会等における写真撮影等運営支援)

企画広報次官   高井 千春  各務原市職員
(合衆国の国家表彰に関する筆耕)

報 道 次 官   堀田 みさ子
(交流会等における司会・運営)

報道省Web制作局長  高木 倫典
(合衆国ホームページの制作・技術)

報道省ハイパーメディア局長 相澤 謙一郎
(スマートフォンアプリなどを通じた情報発信)

流 通 次 官   伊藤 洋介  ㈱イトー食肉センター州知事
(鶏ちゃんパック商品の消費者向け流通促進)

国民鶏発省鶏音楽局長  Goo連帯

鶏ちゃん合衆国特命全権大使

食 べ 大 使  浅井 彰子 フリーアナウンサー

お笑い大使   ステレオ太陽族 吉本興業

親 善 大 使  ミナモ 清流の国ぎふマスコットキャラクター

プロモーション大使 小倉 理恵 フリーアナウンサー、FM岐阜パーソナリティー

プロモーション大使 浅井 美幸 ぎふチャンアナウンサー

鶏ちゃん合衆国立羽ー鶏大学幹部

学 長     都竹 淳也  岐阜県職員
教育学部長   斉藤 順子  杉の子州知事
教 授     長尾 伴文  鶏ちゃんで笑え倶楽部主宰
教 授     日下部 讓  萩原チキンセンター州知事
教 授     鷲見 計憲  牧歌の里レストランチーフ
教 授     高橋 祥子  JHTC認定HACCPリードインストラクター
教 授     河合 美世子 フリーライター

鶏ちゃん合衆国応援番組

ぎふチャンラジオ・モーニングステーション 西金之助、竹内万里

Copyright© 2013 鶏ちゃん合衆国 公式ホームページ All Rights Reserved.