トップ

2023年<我が店鶏ちゃん自慢>
美濃白川・旨々黒川「黒川の鶏ちゃん」の巻

 

<こだわり>

無薬育ち100%国産鶏肉 岐阜県で処理後3日以内 自家製有機栽培ニンニク

 

鶏肉は無薬飼料で育成し、岐阜県で処理後3日以内の新鮮な若鶏ムネ肉を使用しているため、柔らかく、味わい深いのが特徴。

ニンニクは自社の畑において有機肥料で育てたものを使用している。

 

<商品>基本三種

「黒川の鶏ちゃん」(味噌味)      内容量:300g  

古来伝承の手作り天然醸造の製法を守り八百津町で昔から製造されている田舎味噌と醤油を使用。

 

「黒川の鶏ちゃん」(醤油味)      内容量:300g  

 カツオ節をたまり醤油の中で煮出した八百津町で製造されている醤油を使用。

 

「黒川の鶏ちゃん」(塩味)       内容量:300g  

奥美濃古地鶏の地鶏ガラを煮込んだコクのあるスープを加えて、鶏肉の素材の味が一番感じられるように仕上げてある。

 

<商品>

「黒川の鶏ちゃん」(鶏肝・とりきも)   内容量:250g    

 多くのお客様の要望から誕生した鶏ちゃん。国産100%、処理後3日以内の

ムネ肉、モモ肉、砂肝、肝、心臓を使用。醤油、味噌を使用。

 

「奥美濃古地鶏 鶏ちゃん」       内容量:200g

 自社で養鶏する<奥美濃古地鶏>を使用。奥美濃古地鶏の肉は適度な脂肪がつき、歯ごたえが良くコクのある旨味が特徴。赤みそ、醤油を使用。

 

「鶏ちゃん餃子」             (16個入)   

 味噌味の鶏ちゃんをミンチにし、さらに奥美濃古地鶏の油を加えることによって、ジューシーでコクのある餃子に仕上がった。

 

<製造者>

㈱旨々工房黒川(うまうまこうぼうくろかわ)

〒509-1431 岐阜県加茂郡白川町黒川1180

℡0574-77-1691 Fax0574-77-1961

代表取締役 纐纈英樹    執行役員 纐纈マサオ

 

<製造者からのご挨拶>

清流黒川が流れる白川町黒川の地において昭和35年頃から現在まで養鶏業を営んでいます。そのため纐纈家では当たり前に廃鶏を活かし、独自の味付けで「鶏ちゃん」を作って食べていましたが、いつしか村人から「お前の家の鶏ちゃんは旨いから譲ってほしい」との声に押されて、平成14年頃から鶏ちゃんの製造販売を始めました。

鶏ちゃんをお客様に提供する以上は「旨い」を信念に、抗生物質などの医薬品を一切使わずに育てた岐阜県産若鶏のフレッシュ肉 (処理後3目以内の生肉)の使用、味付けの味噌、醤油は地元の醸造蔵使用、味の決め手となるニンニクは自社の畑で有機栽培したものを使用と、安心安全にこだわり真心を込めて作っています。

 

<のぼり>

<黒川の鶏ちゃん基本3種(味噌・醤油・塩)>
<黒川の鶏ちゃん基本3種(味噌・醤油・塩)>

<鶏肝>
<鶏肝>

<奥美濃古地鶏><奥美濃古地鶏>

<自社の畑で育てたニンニク>
<自社の畑で育てたニンニク>

<鶏ちゃん定食(黒川の鶏ちゃん使用)>
<鶏ちゃん定食(黒川の鶏ちゃん使用)>

<鶏肝料理>
<鶏肝料理>

 

 

鶏ちゃん合衆国9周年祭

建国10周年プレイベント第1弾

一人一鍋 黙して味わう

~鶏ちゃんフラメンコで免疫力・美容健康度アップ~

 

鶏ちゃん合衆国9周年祭

(pdf 1.4MB)

 

2021年<我が店鶏ちゃん自慢>
「飛騨地鶏けいちゃん」の巻

 

<商品名>
「飛騨地鶏けいちゃん」(味噌)     内容量:320g  価格830円(税込)  
「飛騨地鶏けいちゃん」(えごま味噌)  内容量:320g  価格880円(税込)

<事業者>
ひだ小僧(飛騨市神岡町夕陽ヶ岡6番地)

<購入できる所>
「道の駅スカイドーム神岡」の売店
(飛騨市神岡町夕陽ヶ岡6番地、スカイドーム神岡、℡0578-82-6777)

【こだわり】
① うまいはずだよ飛騨地鶏!
飛騨神岡の旨い空気と水、平飼いで育てた「飛騨地鶏」を使用。
飛騨地鶏は軍鶏と名古屋種との掛け合わせで、やわらかくうま味のある最高級鶏肉。
使うのは<むね肉>。
② タレの秘密は味噌にあり!
飛騨神岡の味噌蔵でじっくりねかせた特上の田舎味噌を使用し、自家製の味噌ダレに
仕上げました。
③ 飛騨のえごま
飛騨の農家でしか手に入らない「飛系アルプス1号」荏胡麻を使用。
香りが高く健康に良い。

<食味PR>
何もかもが飛騨神岡産で、生活風土まで包みこまれているのが
「飛騨地鶏けいちゃん」。当初から開発、商品化に関わってきた
スカイドーム神岡レストラン部「ひだ小僧」の酒井務さん(店長&料理長)は
「タレの味噌を活かすため定番のキャベツ、玉ねぎなど野菜のほか山菜、豆腐を入れても良し。〆にうどん、焼きそばを入れるのが神岡琉です」と力説。えごま入りはえごまのプチプチ感があって、鶏ちゃんとのハーモニーが楽しめる。
今年3月中には新しいパッケージの「飛騨地鶏けいちゃん」が登場します!

 

コロナ禍を越えて

コロナ禍により新しい生き方が求められようとしている今日ですが、「鶏ちゃん」は岐阜県が誇る郷土料理、伝統の食文化である以上、いかなる食生活の変化にも外れることなく、私たちの体と心を豊かにしてくれるものと信じています。

鶏ちゃん合衆国は昨年7月20日、ホテルグランヴェールにて<鶏慰霊祭・疫病災害終息祈願祭>として建国8周年祭を開催し、本莊神社宮司、今津隆弘様をお迎えし神事を執り行いました。

そして2021年7月20日に建国9周年、2022年7月20日には建国10周年を迎えます。記念すべき10周年に向け、これまで以上に皆さまとの戯れを大切にして、本来のワイワイ・ガヤガヤの結いの食生活を追及していく考えです。

本年もよろしくお願いします。

※画像は建国8周年祭<鶏慰霊祭・疫病災害終息祈願祭>より

 

 

鶏ちゃん合衆国大統領 長尾伴文
2021年1月20日

新年のご挨拶 鶏ちゃん合衆国憲法(鶏法)

2020東京オリンピック・パラリンピック応援メニュー

 

2020年1月8日
鶏ちゃん合衆国大統領 長尾伴文

 

謹んで新春をお祝い申し上げます。
今年は「鶏ちゃん」2020東京オリンピック・パラリンピックの応援メニューになる予感がします。鶏肉は低脂肪でタンパク質豊富なことから昔からアスリートにとって強い味方であるばかりか、「鶏は手をつかない」ことからあらゆる競技において縁起の良い食べ物だと言えるからです。庶民においては「鶏ちゃんで一杯」やりながらスポーツ観戦の楽しみがあります。

そこでなにより鶏ちゃんは岐阜県が誇る郷土料理であり、伝統の食文化であることを、東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて強く思うところであり、今ここであらためて「鶏ちゃん合衆国憲法(鶏法)前文」を新年のご挨拶として披露させていただきます。

 

鶏ちゃん合衆国憲法(鶏法)
(前文)

われらは、鶏ちゃんが岐阜県固有の郷土料理であり、郷土の暮らしの中で生まれた伝統の食文化であることをここに宣言し、この憲法を制定し、確定する。

われらは、鶏ちゃんを愛し、鶏ちゃん文化を育み、広く普及を図り、子孫に伝えていくことを決意した。

われらは、鶏ちゃんが多様性を特色とする食文化であることを認め、それぞれの鶏ちゃんが独立性を保ちながら連帯していくために、鶏ちゃん合衆国を建国する。

もとより、鶏ちゃんの多様性と独自性は、未来にわたって最大限尊重されるべき本質であり、われらは自らの鶏ちゃんのみに専念して他の鶏ちゃんを無視してはならないのであって、この法則に従うことは、鶏ちゃん文化を守り育てようとする者の責務であると信じる。

われらは、鶏ちゃんが人と人とをつなぐ食文化であり、それぞれの鶏ちゃんが歴史と物語を有することを誇りに思う。

われらは、鶏ちゃんを愛する人々の熱き思いが大きく広がり、鶏ちゃんが地域及び岐阜県を代表する食文化として確固たる地位を占めるようになることを強く願う。

われらは、国歌の名誉にかけ、全力を挙げて、この崇高な理想と目的を達成することを誓う。

鶏ちゃん合衆国7周年祭

 

-令和元年記念-

史上初!プロボクサー鶏ちゃんリング決戦!

下呂鶏ちゃん VS 郡上鶏ちゃん 7周年祭

 

« Older Entries
Copyright© 2013 鶏ちゃん合衆国 公式ホームページ All Rights Reserved.