鶏CIA活動で滋賀・高島とんちゃんを訪ねました!(27.1.27)

27年1月27日(火)に、各地のおいしい鶏ちゃんを訪ね、歴史を調査し、楽しむ「鶏CIA」活動の一環として、岐阜県を出て、お隣滋賀県・高島市の「高島とんちゃん」を訪ねました。

高島とんちゃんは、「とんちゃん」の名前がありますが、タレで味付けをした鶏肉を焼いて食べるもので、基本は鶏ちゃんと同じです。こうした興味深い情報を得た私たちは、これは直接話を聞いて、食べてみなければと、高島市に向かいました。

最初にお邪魔したのは、高島市の安曇川にある鶏肉専門の販売店「鳥中」さん。三代目兄弟の提中卓郎さん、卓真さんにお話を伺いました。

IMG_7396IMG_7375

鳥中さんは1963年に生の鶏肉を販売する精肉店として創業し、66年に味付けかしわの販売を始めます。当時、在日朝鮮人の方が伝えた焼肉が広がる中、より日本人に合う身近な味付けのものをつくろうと考えた初代夫婦が、赤味噌で味付けをした鶏肉の販売を始められたのだそうです。

そして、67年に焼き肉店「お多福」を開業。大変お店は繁盛し、そのうちに、建設関係の常連客が味付けかしわを「とんちゃん」の愛称で呼び始めるようになりました。同じ頃、高島市内で味付けかしわを販売するお店が増え、高島では「味付けかしわ=とんちゃん」になっていったということでした。

鳥中さんは、その後、焼き肉店から量り売り専門の鶏肉店に形態を変えられましたが、当時と変わらぬ味付けでとんちゃんの販売をされています。

IMG_7390IMG_7387

とんちゃんは高島全体で知られていますが、全地域一律というわけでもないとのことで、北部エリアは醤油味、南部エリアは味噌味という特徴があるとのことでした。また、今では高島全体で知られているとんちゃんですが、高島名物の色彩が濃く、滋賀県でも他の地域ではあまり見られないとのこと。こうした点も、味噌と醤油、塩味などの違いがあること、下呂、郡上周辺に集中していることを特徴とする鶏ちゃんとよく似ています。

鳥中さんでは、とんちゃんの試食をさせていただきました。味噌ダレでしっかりと味付けをされたマイルドな鶏肉は、焼くと香ばしく、とてもおいしくいただきました。

IMG_7386IMG_7378

鳥中さんを後にした私たちは、続いて、北部エリアのとんちゃんを訪ねて移動開始。途中、「道の駅藤樹の里あどがわ」に立ち寄ったところ、ここでもとんちゃんがレストランのメニューや持ち帰り商品として販売されており、その広がりを感じました。

IMG_7400IMG_7402

そして、北部エリアのとんちゃんの発祥とされる「実生庵」さん「実生庵」さんを訪問。お店は「モーモートンチャン」の名前で焼き肉店をされています。お目にかかったのは、三代目の藤原さんです。京都の料亭で修行された元板前さんで、お店を切り盛りされています。

IMG_7407

実生庵さんは前身のかしわ店時代からすると50年の歴史のあるお店で、当初は養鶏場を隣でやっていらっしゃったとのことでした。とんちゃんは古くから出されており、初代が醤油ベースで味付けをされたそのままの味が今も引き継がれています。タレで味付けをされていますが、つけだれで食べるのだそうです。

IMG_7410

5年ほど前から、高島の名物にしていきたいということから、力を入れて販売を始められ、「とんちゃん唐揚げ」のような形で県内の他の地域にも進出し、大変好評ということでした。

試食させていただきましたが、あっさりした醤油味で、鳥中さんのとんちゃんとはまた異なる味わいです。同じ地域内の味の違いはとても興味深いです。

今回の訪問を通じ、鶏ちゃんとの共通点を多く感じました。廃鶏の有効活用や、精肉店での味付け肉のバリエーションとしてなど、鶏ちゃんも様々な成り立ちがあるわけですが、その鶏ちゃんと高島とんちゃんが、ほぼ同じ昭和30年代に、全く異なる地域で同じようにできあがってきたことに大変親近感を覚えました。

鶏ちゃん合衆国は、信州・山賊焼や岐阜県内の神岡・みたけとんちゃんとの交流を進めていますが、高島とんちゃんとも交流を深めていきたいと思います。

IMG_7393IMG_7413

 

Copyright© 2013 鶏ちゃん合衆国 公式ホームページ All Rights Reserved.